【グランドキャニオン空撮】アメリカン航空シカゴ~ロサンゼルス便の窓から見る絶景

シカゴ2019

このところ、今年の春のシカゴ滞在と、そのときのナイアガラ・フォールズへのロード・トリップのことを書いてきた。
シカゴ滞在記はもう少し書く予定だが、帰国便フライトがあまりに素晴らしかったため、これ以上自分でも書くことをおあずけにするのが苦しくなってしまった。。。

今回は、順が逆になるが、今回は中継地ロサンゼルスまでの最高のフライトについて書く。

シカゴ発ロサンゼルス行きのフライト

タイトルには空撮と書いたし、実際素晴らしい絶景の写真をこれからお見せするわけだが、実は普通の旅客機からの眺めである。

今回は、ロサンゼルス経由1ストップの航空券を購入していたのである。
いろいろな航空券を探し比べたうえで安かったからだ。
同時に、帰り道にロサンゼルスでタクシーを雇ってちょっと外出を楽しめればよいとも思っていた。

フライトの窓遠くに見えたロッキー山脈

シカゴ発ロサンゼルス行き。 右の窓に面した席を予約したのは、道中でロッキー山脈が見えるかもしれないと思ったからだ。
実際、コロラド州を過ぎる頃には、窓の外にロッキー山脈が遠くに見えた。

私が予想していたより航路はずいぶん南だったようで、ロッキー山脈が大迫力で眼下に迫ることは残念ながらなかった。

フライトの窓から、眼下にグランドキャニオンの絶景を眺望

ロッキーを過ぎてしばらくすると、赤茶けた大地が広がりだした。

気が付くと、大峡谷グランドキャニオンの真上を飛行中‼

間もなく、飛行機は大峡谷の真上を飛んでいた。

そう、グランドキャニオンだ!

私たちはその大迫力の姿を、大接近して楽しむことができた。

離れるにつれて全貌を表していくグランドキャニオン

大峡谷の真上をひとしきり飛んだあと、飛行機はラスベガスを目指してグランドキャニオンを後にする。
そうすると、広い視野が開け、グランドキャニオンの巨大な全貌がだんだんにあらわになってくる。

12分足らずながら、最高級の絶景だった

画像ファイルの撮影時刻を確認すると、グランドキャニオンの真上を飛んでいたときから、最後の写真を撮影するまでは、たったの12分しかたっていない。
そして、さらに5分ほどもすると、グランドキャニオンは見えなくなり、ふたたび平らな大地の上を航行していた。

短い時間の間ではあったが、最高の絶景が楽しめたフライトであった。

思いがけずに果たしたグランドキャニオン上空フライト

グランドキャニオンには、ヘリコプターでの遊覧飛行があると聞く。
前々から憧れていたのであったが、一人当たり数百ドル(数万円)するその料金の高さ以前に、そもそもグランドキャニオンにゆっくり旅行する機会がない。
だから、今回のフライトは私には大変嬉しかった。

地上から眺めるグランドキャニオンとはまた違った絶景

グランドキャニオンには2016年の夏に行った。ラスベガスからの日帰りの弾丸ドライブ旅行で、「 グランドキャニオンの雄大な景色に感動。サウス・リム、マザーポイントにて」にその詳細は書いた。

そのときに撮った写真が以下のものだが、空から見るとやはりずいぶん様子が違うものだ。

更新履歴

  • 2021年3月18日 本サイトに移転。節見出しを付け、文章も大幅に書き換えた。
  • 2019年9月16日 Gooブログ「(旅行記。プエルトリコ、ニューオリンズとラスベガス。ひねもすのたり)」にて公開。

コメント

タイトルとURLをコピーしました