ヒレがボロボロになった金魚の、回復の経過

動物、生き物
小さいほうの金魚のヒレがボロボロになった

3か月前、我が家の金魚のヒレがボロボロになった。

その後の回復の経過を写真とともに振り返る。

起こったこと、また人と相談した内容を、私が理解したかぎりで書くので、もし誰かの参考になればうれしい。

ただ、同様な問題の答えを探している方は、当方が素人であることを心にとどめ、参考程度にとどめるようにしてほしい。

3年間飼っている金魚たち

我が家で金魚を飼い始めてから、3年が経った。

はじめ3匹で飼い始めたが、途中で1匹死んでしまい、以来2匹を一緒の水槽で飼ってきた。

ずっと30㎝ほどの小さな水槽で飼っていたのを、1年半前に引っ越した機会に、60㎝の大きな水槽に買い替えた。

水槽を変えたのが2019年6月ごろ。だいぶゆったりと泳げる環境になっていたと思う。

2019年

同じ時期に、ほぼ同じ大きさから飼い始めた2匹の金魚だが、飼ううちにだんだん、体格に差がついた。

性格も全く違う。

人懐っこく、私たち人間が通りかかるたびに寄って来て、エサをもらえるようにアピールする方が、大きいほうの金魚である。割りばしでエサをあげると、割りばしから直接食べるくらいに臆するところがない。

もう一匹の小さいほうは、私たちが水槽に近づいても寄ってきたりはしない。エサをあげても飛びつく感じではなく、大きいほうの金魚のおこぼれで甘んじるのが常だった。

大きいほうの金魚が小さいほうを追い回したりすることもあったが、基本的には問題なく仲良くやっている様子だった。夜は必ず、底砂の上に2匹で寄り添って眠っていたのも、仲が良い証拠だったのだと思う。

そんな小さい金魚が、去年の10月ごろに、ヒレがボロボロになってしまった。

気が付いた時の症状と、その時の状況

2020年10月はじめごろ、手入れが悪く、少し水質が悪くなったことがあった。

ちょうど同じころに、大きな金魚が小さい金魚を追い回す姿が目立つようになった。

水槽の水を替え、水質が向上したあと1週間ほどしても、追い回しは収まらなかった。

そして、小さいほうの金魚のヒレが、少し黒ずみ、ボロボロになっているのに気が付いた。

2020年10月12日

症状に関しての専門家の見立て

金魚には「尾腐れ病」という病気があるそうである。罹ったら、薬浴で直すのがよいらしい。

ネットでいろいろ検索した結果、病気を疑っていたものの、写真と詳しい状況を付けて「教えてGOO」に質問してみた。

運よく、アクアショップの元経営者の方から返信がもらえ、次のように教えてもらえた。

  • 尾腐れ病なら、水槽の金魚全員に症状が出るのが通常であること。
  • 大きい金魚に症状が出ていないから、尾腐れ病の可能性は低い。
  • 大きい金魚に追い回されているのは、ヒレが痛んでいることに関係ある可能性がある。隔離するのがよい。
  • ヒレが黒ずんでいるのは、傷が癒えてきた部分だということ。

後から考えると、このアドバイスが的中していたのだと思う。感謝の限りである。

金魚はその後、時間をかけて元気になった。

専門家の意見はやはり、貴重である。私は運が良かったからネットで正しいコメントを頂けたが、いつも買い物をしているアクアリウムショップに写真を持って訊きに行ったりするのもよいかもしれない。

ネットでの情報収集

ネットでの情報収集には、危うさも伴う。

私の質問には、素人らしい方からの返信もあり、そちらは尾腐れ病を疑っていた。

それに、失礼な言い方かもしれないが、お教えいただいたプロの方も、ネット上では本当にそうかはわからない。

ヒレがボロボロになったときに、ほかの金魚から隔離することで回復するとか、治癒したところが黒くなるという情報は、なかなかネットでは見つからなかった。

1個だけそうしたサイトを見つけることができ、また隔離することで悪化することもあるまいと思ったので、薬浴の前に隔離を試す決心がついた。

隔離後の経過

次の写真は、10月19日撮影だが、30㎝の小さい水槽に隔離したあと間もなくの様子。

ヒレがボロボロなだけでなく、金魚は水槽の底の方で落ち着かず、だいぶ怯えている様子であった。

隠れる場所を、と思って買ってあげた土管も、却って怖がっているようでもあった。

2020年10月19日

10月末には、まだ土管に入ることはないが、ヒレの黒が増えてきた。鱗やエラも真っ黒な部分が出てきた。

2020年10月30日

11月上旬には、だいぶ落ち着きが出てき、土管に入ってのんびり過ごすようになった。このころには、尾びれの形は元に戻っている。

2020年11月8日

11月半ばには、背ビレの形も回復してきた。

2020年11月20日

11月末には、背ビレの先が真っ黒になった。

2020年11月29日

正月明けのいま、すっかり元気になっている。

黒い模様はこのまま残るのかもしれないが、これまたかわいい模様である。

2021年1月2日

まとめ

  • 10月はじめごろに、我が家の金魚の1匹が、ヒレがボロボロになった。
  • 他の金魚から隔離することで、2か月ほどかけて回復し、元気に戻った。
  • 治癒したヒレのほか、エラや鱗の一部も、真っ黒になった。
  • 回復の過程を、写真で振り返った。

もし参考になれば大変うれしい。

ただし、当方は素人なので、参考程度にとどめるようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました