【シカゴ観光】ジョン・ハンコック・センター展望台、地上314メートルの超スリル体験TILT

シカゴ2019

シカゴ観光の白眉は、なんといっても高層ビルの展望デッキである。

シカゴのスカイラインは有名だが、夜景もまた素晴らしい町である。

2019年の4月に、シカゴ1番の眺望を楽しめるジョン・ハンコック・センターに家族で行った時のことを本記事では紹介する。

2014年に同展望台に設置された、スリル満点のアトラクション、TILTの体験談も披露する。

スポンサーリンク

シカゴの2大高層展望デッキの比較

シカゴで1番高いビルは、ウィリス・タワーである。

けれども、1番眺めがよい展望デッキは、2番目に高いジョン・ハンコック・センターの展望台である。

内陸で高層ビルに囲まれて建っているウィリス・タワーと比べると、五大湖の一つであるミシガン湖に面し、また高層ビル群のはずれにあるハンコック・センターからは、スカイラインを一歩引いて眺めることができる。

先日書いたハンコック・センターの展望レストランの記事に、もっと詳しい比較は書いたので、興味があったらぜひ読んでみていただきたい:

カメラの性能の違いで夜景の雰囲気が違うこと

2019年4月のこの日、さきほどリンクを貼ったジョン・ハンコック・センターの95階レストランで昼食を食べ、午後は博物館見物を楽しんだ。

その後で、夜景が見たくなった。

そこで、ハンコック・センターに戻って、今度はレストランの1階下にある94階展望デッキを訪れたのだった。

展望デッキからのシカゴの夜景は最高だった。

けれども痛恨なことに、この日のシカゴ観光には、一眼レフカメラのバッテリーをホテルに忘れて行ってしまったのである。

写真は、かなり性能が劣るスマホのカメラで撮ったものしか残っていない。

次の2枚の写真は、別の日に取った同じ風景である。

本記事でお見せするのは、左のスマホのカメラで撮った写真だが、実物は右の写真くらいに美しいことを念頭に、目で補正して読み進めていただければ幸いである。

ジョン・ハンコック・センターから眺める夜景

ハンコック・センターは、シカゴで2番目に高いビルで、展望フロアは94階。地上314メートルである。

方角によって景色が違うのが、この展望台の大きな魅力だ。

西の方を見ると、あまり高い建物がないため、幹線道路が縦横と斜めに走っている様子が見て取れる。

次の写真は、案内板を一緒に眺めている妻と息子。二人とも、楽しそうだ。

シカゴの高層ビル群は、ハンコック・センターからは南に集まっている。

本当は、周りの建物も背がずいぶん高いのだが、ハンコック・センターがあまりに高いので、ずいぶん下の方に見える。

写真がずいぶん悪いのでわかりにくいが、中央よりすこし右に2本の白いアンテナが立っている高い建物が、シカゴで一番高いウィリス・タワー。

次の写真は、展望デッキの南西の角の様子。

そして、ハンコック・センターの北の方面には、ミシガン湖の湖岸が美しく続いている。

目でうまく補正して、景色の素晴らしさをわかっていただけただろうか。

うまく伝わらなかった方は、以下のハンコック・センター展望デッキの公式ページで、昼間の風景を見ることができます。

Observation Deck Chicago | 360Chicago (John Hancock Observatory)
360 Chicago observation deck/platform, located 1000 feet above the famed Magnificent Mile in the iconic John Hancock Building, offers breathtaking 360 degrees v...

94階、地上314メートルの超スリル体験TILT

このときの展望デッキでは、2014年に設置されたというアトラクションTILTに家族で挑戦した。

英語でtiltは「傾ける」という意味である。

アトラクションの概要は次の通り。

  1. 地上314メートルのフロアの窓の前に、手すりに掴まって立つ。
  2. 係員がボタンを押すと、ウィーンというモーター音とともに、ゆっくりと窓と窓辺の床が前のめりに傾き、止まる。大して下向きになったわけでないけれど、かなりスリルがある。
  3. 係員がもう一度ボタンを押すと、もっと前のめりに傾く。ゆっくり傾いていく間も、止まった後も、かなり怖い。
  4. 2段階目の傾斜ですでにすごく怖いのに、係員はもう一度ボタンを押す……。

感じが、伝わっただろうか。

文字で書いても、わかりにくいかもしれないから、youtubeにあった動画をどうぞ。

Tilting Skyscraper Window Lets You Hover 1,000 ft Over Chicago

人間の傾斜に対する感覚は大げさで、感覚的に45度くらいに見える急な坂道やスキー場の傾斜は、せいぜい10度や15度程度である。

だから、あれだけ怖かったTILTの傾斜角も、実際には大したことはないのだろうと思っていた。

でも、この動画を見て、実際にものすごく傾いていたことを知った。

凄く怖かったわけである。

私たち家族、とりわけ当時小学3年生になる春だった息子には、TILTは最高によい思い出になった。

TILT! Chicago's Newest Thrill Ride at 360 Chicago Observation Deck
TILT! is Chicago's newest downtown thrill ride. Tilt outward from the John Hancock building 1000 feet over the Maginificent Mile! It is the best time to experie...

まとめ

ジョン・ハンコック・センターの展望デッキは、間違いなくシカゴ観光の一番の目玉と言える。

  • シカゴ観光の一番のハイライトは、高層ビルの展望デッキからの眺望である。
  • ジョン・ハンコック・センターの展望デッキからは、シカゴ1番の眺めが楽しめる。
  • ジョン・ハンコック・センターの展望デッキは、東に五大湖の一つミシガン湖、南にシカゴの高層ビル群があり、東西南北それぞれに違った風景なのも大きな魅力だ。
  • シカゴは、夜景も素晴らしく美しい。
  • 本編で言わなかったが、ハンコック・センターの展望台には、晴れた日の夕方に行くのがよい。日が暮れる前とに夜景の両方を楽しむことができるから。
  • 2014年にできたアトラクションTILTは、超スリル体験である。最高の思い出ができること、間違いなし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました